この情報化社会の中でITは今や必要不可欠

一昔前まではパソコンなんてお金持ちが買うような機械だったらしいですが、

今のこの世の中ではパソコンは無いとやってられないですよね。

パソコンが絡んでくれば自然にITという言葉も結びついてきますが、

ITとはいったいどういうものなのでしょうか。

ITとは何なのか

今の世の中ITが無いと成り立たないわけですが、そもそもITってどういったものなのか。

端的にいえばそれは、

インターネットなどの通信とコンピュータとを駆使する情報技術。

みたいですね。

すなわち、ITというのはそのような情報通信技術全般を指すのです。

ITと聞いてあなたは何を思い浮かべますか?

私はWindowsやMac、Linux、Android、iosからなるOSやプログラミング、パソコンやスマホなどのガジェットなどを思い浮かべます。

一見ガジェットなんかITじゃないだろうって思っちゃいますが、どれもこれもITが無きゃ生まれなかったものです。

他にも最近では様々な有益な情報を発信するITサイトとなるものも沢山見かけます。

これらITは先人達が作り上げたものですがこれからの世界でより必要不可欠な存在となってくるため、

私達情報技術者が後押ししていく必要があります。

これからのIT

今やスマホやパソコン以外にも、

スマートウォッチ(ウェアラブル端末)やVR(ヘッドマウントディスプレイ)、AI(人工知能)などさまざまなIT技術を駆使した製品や技術が生まれています。

また、最近ではIOTといった

コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う

技術も発展し私達の暮らしをより快適にしてくれます。

他にもAIといった人工知能が車にも搭載され、自動運転車が開発段階ではあるものの急速に成果をあげているようです。

このAIがロボットなどに搭載されれば、あらゆる場面で人件費の削減が行えるようにもなりますね。

このように何度も言いますがこれからの世の中ITは必要不可欠になって来ます。

多少のデメリットは発生するかもしれません。

しかし日本では少子高齢化が進んでいるように、あらゆる場面で人手が足りなくなってしまいます。

ですから、ITはどんどん進化し続け私たちの生活を豊かにする存在にもなっていって欲しいですね

PAGE TOP